借地借家法とは

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

借地借家法は、借地契約と借家契約について定めた法律で、土地や建物を借りている人を守るための法律です。この法律は、契約期間を長めに設定して、強制的に契約期間を更新して、契約を簡単に終わらせないようにするためのもので、民法の契約や効力に対して優先されます。また、借地人や借家人の権利を民法より有利にしたものですが、そうでない場合も含まれます。

建物を所有する権利である地上権や土地賃借権のことを借地権ともいいます。普通借地権の設定できる契約期間は最低30年で、更新初回は20年、2回目以降は10年となっています。それに対して、建物の契約の更新ができない借地権は定期借地権といいます。一般定期借地権の契約期間は50年から設定できます。また、土地を借りた人を借地権者、土地を貸した人を借地権設定者といいます。

定期借地権は他にも種類があります。建物譲渡特約付借地権は、契約期間が満了になった時に、地主に返却する特約付きの契約で、設定できる年数は30年以上となります。事業用定期借地権の設定年数は10年以上50年未満になります。定期借家契約も契約期間が終了すれば、その後の更新が認められません。借家の存続期間は設定しなくてもいいのですが、契約更新をしないことを伝えなかったら、契約が更新します。また、存続期間を定めても1年未満の場合は存続期間の無い契約になります。当サイトでは、借地借家法と今までの法律である民法との違いを比較したものを説明します。

Published by 管理人