旧法との違い

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

借地借家法は1992年8月1日から適用されましたが、1992年7月31日以前から土地を借りている場合は旧法である借地法が適用されます。旧法と新法の違いは、まず、定期借地権は旧法にはありませんでしたが、新法である借地借家法から定められました。次に、新法は建物の種類に関わらず契約更新期間を一定のものにしましたが、旧法では、堅固建物は初期が60年で以降は30年ずつ、非堅固建物は初期が30年で以降が20年ずつとなっていました。また、旧法では借りている人の権利が強く、特別な事情が無い限り契約が更新され続けます。その存続期間が定められていると借地権は消えませんが、そうでない場合は建物と一緒に借地権も消えてしまいます。再築の場合でも違いがあります。旧法の場合は地主は契約を解除することはできませんが、新法の場合は、借りている人は地主の許可を取る必要があります。許可を取っていないと借地権が消えます。このように新法は地主の権利を旧法より強くしたものだといえます。

さらに、商業施設や工場、物流施設などで認められる定期借地権には、次のようなメリットもあります。地主は、事業を起こす際に本来必要な借り入れが不要になります。借りる人は、土地を買うより安い値段で土地を借りられるようになります。

Published by 管理人